読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然楽健法 ~二人ヨーガ楽健法研究~  

誰でもできる 足圧体ほぐし コミュニケーションマッサージ 楽健法のやり方 

楽健寺天然酵母パン

楽健寺天然酵母パン

 

 

楽健法とセットで必須なのが、楽健寺天然酵母パンです。

 

パンの工場は、東大阪にあります。

 

 

今日は、そちらでのパン工場レポートを少ししたいと思います。

 

日曜日の夕方、パン種を仕込むところから、パン作りはスタートします。

林檎、人参、山芋をミキサーにかけ、

ご飯と強力粉を混ぜて、

一晩寝かせて、パン作りスタートです。

 f:id:aiko-rakkenhou:20161015211727j:plain

 

 

 

午前3時より、工場でパン作りはスタートします。

 

早速、パンを捏ねます。

 

f:id:aiko-rakkenhou:20161015210407j:plain

パンのこね具合は、絶妙です。

二人で、様子をじっと見つめている姿が、とても印象的です。

 

こねが終わると、しばしの休憩を行います。

 

一次発酵が済むまでの2時間ですが、こねを何回か回しているので、

休憩といってもほんの一息。

 

コーヒーと、ちょっとした果物とパンを食べました。

 

 

それから瞬く間に、パンの成型が始まります。

はじめは、ブドウパン。

f:id:aiko-rakkenhou:20161015212133j:plain

 

良く膨らんでいます。

f:id:aiko-rakkenhou:20161015212629j:plainf:id:aiko-rakkenhou:20161015212227j:plain

こちらは、食パン。食パンは、宥厳先生担当です。このテーブル一面が食パン用の生地で埋め尽くされます。

 

朝、8時ごろ、最初のパンが焼きあがります。

焼き上がりごろに、二人助っ人が来ました。

 

二次発酵を終えて、パンを焼き、次のパンを入れて焼いている間に、

焼き立てほやほやを!

 f:id:aiko-rakkenhou:20161015212834j:plain

楽健寺の天然酵母パンは、蒸して食べるともっちもちですが、

そうはいっても、焼き立てに勝るものはなく、

最高に美味しい瞬間です。

 

外はぱりぱり、中はもっちもちです。

 

f:id:aiko-rakkenhou:20161015213659j:plain

 

食パンが焼きあがりました!

 

f:id:aiko-rakkenhou:20161015213107j:plain

 

その他にも、プチパンや、ライ麦パン、全粒粉パン、ヨモギパン、ブドウパン、クルミパンなどが、どんどんと焼きあがって、すべてのパンが焼きあがったら、

一旦終わり、、、、

 

と言いたいところですが、

 

それから、発送用の袋詰め、箱詰めが次々と待っているのです。

 

朝の3時に作業を開始し、発送まで済ませるのが、ちょうど15時ごろ。

12時間ほぼぶっ通し、立ちっぱなしの作業で、

それを、80歳と、86歳でおやりになってるのです。すごい!

 

 材料も時間も手間も、惜しみなく注ぎ込まれた楽健寺天然酵母パン。

だから、最高に美味しいこと間違いなし!!ですね。